くも膜下出血の保険

くも膜下出血の保険

くも膜下出血の保険 くも膜下出血と目的-患者は、出血後の最初の年の間に再出血のリスクではありません。 それにもかかわらず、不確実性が出血後の長期予後に残り、元患者は、多くの場合、健康保険のための高リスク例と見なされたり、生命保険を拒否されます。 我々はこのような患者の大規模な連続した一連の非常に長期のフォローアップ調査を行い、一般人口のそれとは、このコホートの死亡率と比較して。 私たちのサービスに1983年と2005年の間に認め出血(動脈瘤の発症と不在の後72時間以内にCT検査で出血のパターンで定義されている)を持つメソッド、すべての患者は、後にアップされた電話で。 死亡した患者については、我々は、年齢や死亡の原因を取得しました。 我々は、年齢とそれに対応する95%信頼区間と標準化死亡比による一般集団のそれとは、このコホートの性別特異的死亡率を比較した。 その結果、コホートは1213患者·年の合計数で、160例から成っていた。 くも膜下出血の新たなエピソードが発生していませんでした。 フォローアップの間に11人の患者が死亡した。一般集団における死亡率(年齢や性別に合わせて調整)に基づいて、死亡数の期待値は18.1であった。 標準化死亡比は0.61(95%信頼区間、0.34から1.1)であった。 出血と結論-患者は、通常の寿命を持ち、再出血のリスクがありません。 制限なしは、医師や健康や生命保険会社によって、これらの患者に課されるべきではありません。