不眠症の保険

不眠症の保険

不眠症の保険不眠症障害保険給付は、クレーム 不眠症は、残念ながら合理的に継続して仕事を行うことから、毎年何百万人もの人々の能力を制限する慢性的な問題である。 私たちの障害者の弁護士は、(パートタイム)不眠症を患っているために限られた容量で働くまたは働くことができなかった多数の障害原告を代表しています。 不眠症では無効になって私たちのクライアントのほとんどは、多くの場合、作業する能力を制限する追加の無効化条件があります。 無料相談についてはお問い合わせ 不眠症の結果として障害者の主張を議論する。 無効にする条件として不眠症 それ自体で不眠症は、通常、彼または彼女の職業の材料職務を遂行するから誰かを排除するための主要な原因ではありません。 しかし、不眠症の影響は、合理的な連続性で動作するように人の能力を決定する役割を果たしています。 無効にする条件として、不眠、しばしば不安や抑うつ、神経疾患、睡眠障害、疼痛障害、呼吸器疾患、尿障害、胃腸障害などの他の無効化条件と共存する。 不眠症とは何ですか? 一部の人々が眠っているか、眠っているとどまる落下することができないで不眠症を関連付けることができます。 この概念は信用を負いながら、不眠​​症を患っている人は不眠症の臨床定義と診断されるための3つの基準を満たす必要があります。 これらの基準は、次のとおりです。 困難を開始、睡眠の苦情、難しさの睡眠を維持するか、あまりにも早く目を覚ます。 慢性的に品質の非回復性または不良である代わりに、睡眠。 上記の睡眠困難は、睡眠のための適切な機会や状況にもかかわらず発生します。 障害睡眠は、昼間の機能の赤字を生成します。 不眠症は、さらに3泊以上週に眠りに落ちると回復性睡眠の状態を維持するための精神生理学的無力によって定義されています。 短い期間のために自発的、睡眠は必ずしも人が機能的に次の日が損なわれるわけではありませんように睡眠不足がしばしば見られているので、不眠症はどちらも睡眠不足や睡眠の短い期間のように分類されていません。 不眠症の治療 不眠症を治療するためには二つの方法があります。 一つの方法は、店頭睡眠補助薬を自己薬で治療することです。 その他寝る前にアルコール摂取によって自分で治療することを選択します。 これは、最初に動作するように見えるかもしれませんが、アルコールは不眠に寄与する要因になることがありますので、それはお勧めできません。 セルフメディケーション、時にはいくつかのケースではなく、すべてのケースで薬物乱用障害につながる可能性があります。 不眠症を治療する他の方法は、損なわれることなく、日常生活の活動を行う必要がある回復性睡眠を得るために眠って不眠症の秋を支援するなど処方薬を処方する治療医師のケアの下にあります。 あなたの主治医は、あなたが次の日に機能することができますので、あなたが必要と回復性睡眠を得ることができるので、不眠症の症状を軽減するために最善の行動上の助言あなたを務める。 不眠症は機能するために人の能力に影響を与える方法 以下の効果の多くは不眠症の経験を有する者: 混乱 不安 うつ病 緊張 眠気 疲労の増加額 いずれか、またはそのような効果の組み合わせは、生命と安全な作業環境を維持する能力のある人の質に悪影響を与える可能性があります。 それは慢性的な不眠症の人が重機を操作したり、職場の安全は、不眠症の影響による危険にさらされることができる環境で作業すべきではないことは言うまでもない。 それはあなたが不眠症に苦しんでいる可能性があります場合は、あなたが眠りに落ちると回復性睡眠の状態を維持するためにできないことに関連して持っている問題についてのあなたの治療に医師を教えてください。 不眠症に問題が発生した患者のわずか30%が自分の主治医に報告しているためです。 したがって、それはあなたが既に扱われている共存する状態に関連して医師が適切にあなたの不眠症を文書化することができるように、あなたの治療に医師に不眠症で持っている問題を報告することが重要です。 不眠症を患っていない誰もが長期的障害給付を受ける資格があることに注意してください、各クライアントの従って医療記録の制限のレベルを決定するために見直す必要があります