躁病の保険

躁病の保険

躁病の保険躁病(そうびょう、mania:マニア)とは、精神疾患の気分障害の一つ。気分が異常に高揚し、支離滅裂な言動を発したりする状態になる。ただし躁状態は他の疾患でもみられるため、躁状態だけで躁病や躁うつ病と断定することはできない。 躁病は、薬物の使用によって引き起こされることがある。薬物を止める際には心の中が躁状態になる。 これらの状況における躁病の診断は、たいてい一時的なものであり、患者が薬物を使用した状況外で躁病が発生しない場合は、双極性障害と診断しないこと多い。 患者自身は病気として治療する必要を感じていないことがほとんどであるが、躁病の症状は人間関係を著しく損ねる可能性があるため、その社会的予後はうつ病よりも悪いとされる。放置しておくと極端なうつ状態に落ち込むこともあるため、早期の治療が必要である。 DSM-IV-TRでは単極性の躁状態をも双極性障害(躁うつ病)とするため、うつ病と異なり、「躁病」が診断名として使われることはなくなっている。 ベンゾジアゼピン(ativan・ザナックス・クロノピン・バリウム等)の服用中や離脱の際には、明らかに軽躁病の徴候/症状を引き起こすであろう。 医原性・レクリエーション による薬剤誘発性の軽躁病に関連して、精神安定剤の依存性、精神安定剤の離脱や長期ベンゾジアゼピン離脱症候群について、問題のより広い理解を得るために、患者は "The Ashton Manual" を参照すべきである。