自立神経失調症の保険

自立神経失調症の保険

自立神経失調症の保険自律神経障害 (自律神経機能不全)は、任意の疾患または異常を説明広い用語である自律神経系を 。 これには、 姿勢の起立性頻脈症候群 (POTS)、 不適切洞性頻拍 (IST)、 血管迷走神経性失神 、 純粋な自律神経障害 、 神経心臓性失神 (NCS)、 神経調節性低血圧 (NMH)、 起立性高血圧症 、自律神経不安定症とあまり知られていない障害の数をなどの脳の塩喪失症候群 。 自律神経障害が関連付けられている多系統萎縮症 (シャイ-ドレーガー症候群)、 エーレルス-ダンロー症候群 (EDS)と、 マルファン症候群を完全に理解されていない理由のため。 自律神経障害の症状は多数あり、人から人へと大きく異なります。 自律神経障害は、全身状態であるため、症状の多くは非常に生活の人の質を変えることができる存在しているかもしれません。 自律神経障害を持つ各患者が他の人が完全に寝たきりと無効のままにされていますが、軽度の影響を受けます - いくつかは異なっています。 自律神経障害の患者に存在する主な症状は以下のとおりです。 過度の疲労 過度の渇き( 多飲 ) 立ちくらみ、めまいや回転性めまい 不安やパニック(精神的に誘導されない) 急速な心拍数または遅い心拍数 起立性低血圧 、時には、その結果、 失神 頻繁に自律神経障害に関連付けられている他の症状が含まれます: 頭痛 、 蒼白 、 倦怠感 、顔面紅潮、塩の禁断症状、 散瞳 (異常膨張の生徒)、 便秘 、 下痢 、 吐き気 、 胃酸の逆流 、視覚障害、 起立性低血圧 、しびれ、神経痛、トラブルを呼吸困難、胸の痛み、意識とのいくつかのケース損失の発作 。自律神経障害もで提示することができ起立性高血圧 。 症状の完全なリストは、自律神経障害情報ネットワークで見つけられるかもしれません。