脳梗塞の保険

脳梗塞の保険

脳梗塞の保険北京での脳梗塞脳卒中入院患者、中華人民共和国のために入院費用の分析。 保健サービスの管理と政策学科、医学科、九州大学、3-1-1馬出、 抽象的な 目的: ストロークは、医療費が急速に上昇している中国では個人、社会、保健サービス、重い経済的負担である。 本研究の目的は、被保険者と保険に未加入の患者の入院費に焦点を当て、中国での脳梗塞の入院費用に関連付けられている保健医療サービス及び人口統計学的要因を調べることです。 方法: 被験者は1998年12月31日を通じて1997年1月1日から中国·日本友好病院から退院した脳梗塞脳卒中の主要な診断を受けた545例を対象とした。 人口統計学、臨床および管理データが遡及的に医療記録や財務データベースから収集した。 合計費用で社会的、医学的要因の影響を段階的重回帰モデルで分析した。 結果: 545被験​​者のうち、429例(79%)が被保険者と116名(21%)無保険の患者であった。 被保険者(中央値32日)の入院(LOHS)の長さは無保険者のそれよりも有意に長かった(中央値23日)。 無保険の患者(幾何平均、5857元)のそれよりも被保険者が有意に高かったの放電あたりの病院は、電荷(幾何平均、10407元)。 ステップワイズ重回帰分析では、病院の担当とは独立に関連する因子であった:長い入院、保険の状態は、頭部の磁気共鳴イメージング(MRI)やコンピューター断層撮影​​(CT)、入院中の感染症、脳卒中のより深刻な状態の数を増加させた。 結論: 脳梗塞脳卒中の入院料は積極的に被保険者であると関連していた。 調査結果は、被保険者とそうでない人々によるリソースの限られた使用中の医療資源の乱用を示唆している。